商品名キーワード

商品名や型番で検索する人が増加中

最近は、プリンターの商品名や商品番号をキーワードとして検索する人が増えてきました。買いたい商品があれば、ます「商品名」を検索してから、次に購入する店舗を決める人が多いようです。買いたいものが先で、店舗はその次ということです。商品名で検索する利用者は、購入意欲がかなり高まっています。そのため、こういった利用者を自分のサイトに誘導すると、アフィリエイトやネットショッブの売り上げを伸ばせます。

具体的な対策としては、1つのテーマごとに1ページ、商品名1つごとに1ページと作ること、そしてページのタイトルを商品名にすることが有効です。場合によっては、商品番号もタイトルに記述します。ページ内でも、商品名や商品番号を太字strongタグで囲み、見出しや説明文などでくり返し使うようにしましょう。

インクカートリッジの番号をキーワードにする

部品の番号もSEOの狙い目キーワードになります。

たとえば、年末になると年賀状作成のためにプリンターのインクカートリッジを買い求めるユーザーが激増します。インクカートリッジの番号で検索する人が気に増えるのです。

部品名ごとに1ページ用意するのがSEO対策としては理想ですが、それができ芯い場合でも、本体の紹介と合わせて、関連した部品の名称や型番を文章に盛り込むようにしましょう。

「イチローモデル」「メッシモデル」などの名前を冠した商品もあります。スポーツ用品をはじめ、服飾、バイク、車などのジャンルでは、とういった言葉も商品名と合わせて盛り込むと有効です。