内部リンク作成のポイント

検索エンジンが巡回しやすい内部リンクのポイン卜は、次のようになります。

POINT 1 リンクの階層を浅くする

リンク階層は、トップページから3クリック以内、最大4クリックがJll_!想です。リンクの回数が増えると、検索エンジンが到達できなくなる可能性が向くなるため、階層は浅くするよう心がけましょう。それは、結来的にユーザーにもわかりやすいサイトになります。

POINT 2 トップページにリンクを集中させる

すべてのページから、トップページへのリンクを振りましょう。それによりトップページへのパックリンク数を最大にし、トップページへの評価を高めることができます。被リンク数は、次のような関係性にあるとよいでしょう。トッフ0ページ>上層ページ>下層ページつまり、上の附層にあるページほど、被リンクの数が多いということです。

POINT 3 関連性のあるページとうしで相互リンクを張る

例えば、アンカーテキストで相互にリンクを張りましょう。ただし、不自然なサブドメインどうしの相互リンクは控えるべきです。

POINT 4 上位表示したい下層ページにはリンクを集中させる

特に重要な下層ページは、埋もれないように、リンクを集めることが重要です。

ドイツの SEO 対策

検索連動型広告同様、Google対策を行います。ドイツ語のウェブサイトの特徴としてコンテンツの量の豊富さがあげられます。ドイツのネットユーザーは、商品やサービスの質を重要視する傾向が強く、より詳しい説明が求められるからです。このため、コンテンツ量が少ないサイトでは、リンクやタグでの対策を実施しでもなかなか太万打ちできないという厳しい現状があります。

ユーザーはセキュリティ重視

ドイツのネットユーザーの特徴として、ウェブサイトの個人情報やプライパシーについて慎重だという点があげられます。EUで行われた調査によると、オンラインショッピングの際に「About Usページを閲覧してから購入した」が売上の23%を占めました。AboutUs (会社概要)やPrivacyPolicy (個人情報保護方針)などのコンテンツ作成に手を抜かず、ウェブサイトの信頼度や安全度を的確に訴えましょう。

サテライトサイト

検索結果の表示順位をアップさせるために、サテライトサイトを用意し、 そのトップページからのリンク(被リンク)をホームページに集めることが重要です。この対策は、ペ ージを増やして順位をアップさせるコンテンツ対策に比べ、お金も時間も人手もかかるので、短期的、中期的に目標を定めてサテライトサイトを追加していきましょう。そのためには、ライバルサイトたちとどのくらいの差があるのかをしっかりと見極めることが必要です。 サテライトサイトを作成してホームページに被リンクを集めるという施策は「l P数」「ドメイン数」という 2つの指標によってその効果を把握することができます。

metaタグ

metaタグは以前は検索エンジンにページのテーマを伝えるためには 欠かせない要素であったが、現在は補助的な意昧で用いられる。 metaタグの属性として主に descriptionと keywordsが挙げられるが、 特に keywordsにおいては、現在ではほとんどの検索エンジンで対応していない。上位表示を狙って大量のキーワー ドを 記述したサイトが頻出し、サイトの内容とは全く関係のないページが様々なキーワー ドで上位に表示されて しまったからだ。その結果、検索結果として適切なページが表示されにくい といった現象が起こってしまったため、検索エンジン側が評価の重要度を下 げてしまったのである。
しかし、 mataタグにキーワードを含めた形で記述しておくことは重要 である。補助的であるとはいえ description は検索結果画面にて表示される説明文としての役割をも担っているからである。 YahooJAPAN において は、ディレクトリ型検索エンジンであるYahoo カテゴリに登録されたサイト に限り、そとに登録された際の説明文が検索結果にも反映されるが、 Yahoo カテゴリに登録されていないサイトは他の検索エンジン同様、ページの descriptionに記述されている文言が説明文として引用されることがある。

紹介されるコンテンツの作り方

Web ページを紹介してもらうというのは、 SEOの外部対策の基本中の基本です。紹介される記事の書き方をマスターしましょう。
SEOの外部対策でもっとも効果があり、即効性も期待できるのが 「第三者からの推薦」です。推薦とはつまり、他人が運営するサイトから 「リ ンク」をもらうことです。他のサイトから「このサイトのコンテンツをぜひ参考にしてください」と紹介されればされるだけ、 Google からの評価もアップし、検索結果の上位に表示されやすくなります。相互リンクなどで リンクを獲得するのも非常に有効ですが、 Google がPageRankで 、高評 価を下したサイトから一方的に紹介されるリンクがもっとも効果があります。
運営サイトのテーマに関する 「お役立ちネタ」は、サイト運営者も更新しやすいネタですので、 一番お勧めです。はてなブックマークなどに登録しておけばブックマークする ユーザーも出て くるでしょう。はてなフーックマ ークの登録ははてなブックマークからのリンクとしてカウン卜してもらえるので、外部対策としても効果があるわけです。
Facebook のいいねや 「コメン卜」は外部対策の効果はないものの、 Webページへの誘導の効果はありますから、いいね !  をクリックされやすい「お役立ちネタ 」最新情報は積極的にアップしたいところです。今は、 Webページが 1人に紹介されると、さらにそれを読んだ人が簡単にTwitter でツイ ー トできる環境が整っています。しかも、電車に乗りながらスマ ー トフォンで気軽にです。以前よりも紹介されやすいこれらの環境を使わない手はありません。